<BOSS THE NK(最終スパンクハッピー)の回想録(24)>

 

  私とODは、ODへの報酬としてワイン付きのディナーを重ね、周期的に菊地君とODが会う機会を持つこと、ODが小田朋美さんのマンションに住み、私服を借用し続けることで、成りすましのボディ・ダブル業にほとんど緊張することがなくなっていた。ただ、私は「菊地くんらしく」振舞えばよかったのに対し、ODは逆に、もしこれが恒常的なボディ・ダブルであるならば、小田さんにODらしく振舞わせることを強要することになり、流石にそれは無理だった為に、「あらゆる現場で、自由自在に入れ替わる」という、スパイめいた事まではできなかったが、我々4人が、4人で4役を担っているという屈折した形態に対する免疫は完成しつつあった。

 

 

 

 デビューステージである「GREAT HOLIDAY」の日は、その試金石だった。我々は黒スエットの上下と黒のニットキャップ、黒いサングラス、黒いマスクという、何をそこまでという黒装束でODが運転する(なんと驚くべきことに、ODはパン工場時代にパンもしくは原料を積載した大型車を、見よう見まねで乗れるようになっていた。私は職業柄、数多くの免許を取得していたが、菊地君は無免許の徒で小型の船舶と500CCまでのバイクに乗れるだけだったので、数少ないこういう機会には、念には念を入れてODに運転させた。「どっちも無免だろうに」と仰るなかれ、菊地くんが運転しているところを見られるのはまずい。そして、小田さんは免許取得者で、自分の楽器を積んでツアーに出たりしている。運転免許を始めとする、あらゆる偽造IDの作成は、菊地君が歌舞伎町時代に知り合った名人の仕事に依る)中古のベンツで、出演者、スタッフの誰よりも早く会場であるスタジオコーストに入り、ベンツの中でつけ髭や伊達メガネ等で変装し、弁当配送業者の制服に着替えて、その辺を自然にうろつき、たまに弁当やその食べ殻を配送したりしながら、スパンクハッピー出演時に備えた。

 

 

 

 この日、スパンクハッピーの楽屋はコンテナ型で狭く、窓が大きく、施錠ができない代物だったので、早めに楽屋入りして気配を消しておく、というのは余りにリスキーだった。

 

 

 

 なのでジョブは、一瞬の入れ替わりを2回行う。という形になった。

 

 

 

 菊地君と小田さんが、ものんくるが演奏している途中でスパンクハッピーの楽屋に入る。その瞬間を狙って我々は、楽屋に弁当の食べ殻を取りにゆく態で、ほぼ同時に楽屋入りし、菊地君と小田さんは、楽屋をアウトし我々が会場入りした時の黒ずくめに着替え、私服を持って、遠く国道沿いに駐車していた中古のベンツの中で待機する。私とODは当然のような顔でスパンクハッピーのメンバーとして全てのセットアップを済ませ、輝かしいデビューステージを終え、楽屋に戻るまで車中で時間を潰す。イベントの進行は厳格に動く。

 

 

 

 我々がデビューステージを終え、楽屋に戻り、関係各位に挨拶を済ませ、衣装をアウトし、弁当屋の制服に着替える。その瞬間に、既に車中で私服に戻っていた菊地君と小田さんが楽屋に入り、我々は弁当屋として楽屋を出て、そのまま中古ベンツに戻り、黒ずくめに着替えて会場をあとにする。

 

 

 

 我々4人は、湾岸にある私が所有している倉庫の中に、コンテナ型楽屋のダミーを入れ、5回のリハーサルを行った。「GREAT HOLIDAY」の舞台監督氏、菊地くんのマネージャー長沼氏を始めとする舞台進行チームが見守る中、ODも小田朋美さんも完璧な冷静さでことを進めることができた。

 

 

 

       *    *    *    *

 

 

 

 「GREAT HOLIDAY」当日。結果的に、だが、最初で最後になる「<TABOO RABEL>総出のレーベルフェス」は、熱狂的に、そしてつつがなく進行された。菊地くんは携帯メールで私と連絡し、我々の入れ替え劇よりも、遥かにオムスが心配だ。と言っていた。

 

 

 

 彼は、イベントの大トリを務めるDC/PRGのアンコールで「ミラーボウルズ」を演奏する際に、盟友のOMSBfeatすルことをイベント3日前に思いつき、しかもOMSBが出演可能と知るや、それを私と長沼氏以外ひとり残さず全員に対して秘匿し、つまり完全なサプライズ劇を計画し、実行した。多忙を極めるOMSBは、別イベントを終えてスタジオコーストに車で向かう。菊地くんは「どうしようどうしようオムスが間に合わなかったらオレのMCで繋ぐか、千住君と秋元君の賭けドラムソロ合戦で大金を動かすしかねえ(笑)」と云ったメールを何通もよこすばかりで、スパンクハッピーについては、全く心配していないようだった。

 

 

 

 「ものんくるが始まった。巻き押しなし。定時で決行。ODによろしく。弁当をつまみ食いするなと伝えてくれ」というメールが来て、我々は実行に入った。

 

 

 

 「OD、実行だ」

 

 

 

 「楽勝じゃないスか!!」

 

 

 

 「楽屋に入ったらゆっくり話してる暇がない。どうだデビューの気分は」 

 

 

 

 「早くやりたいじゃないスかー!うっヒャッヒャ!!興奮してきたー!!」

 

 

 

 会場には、工場長氏、そして「お兄ちゃん達」の中から、幾人かの方がいらしていた。そのうち数名は、奥様とご子息を連れて。

 

 

 

 「弁当屋の制服はどうだ?(笑)」「カッコ良いじゃないスかー!!パン工場の制服とちょっと似ているデス!!!」「そうか(笑)。行くぞ」「行くぞーじゃないスカーー!!!!」

 

 

 

 我々は車外に出てから沈黙をキープし、どんどん楽屋に向かった。今頃、TABOO離脱が発表されたものんくるのステージが最高潮になっている頃だろう。

 

 

 

 楽屋に到着すると、菊地くんと小田さんがいて、菊地くんが「あ、ご苦労様でーす」と、弁当屋に言う態でがなった。ODは声を出さずに、口の動きだけで<ミトモさーん>と言って小田さんに一瞬抱きつき、小田さんと菊地君は手を振って、すぐに楽屋から出て行った。二人が車に戻れば、黒ずくめのセットが置いてある。彼等は車中で変装して、今から小1時間の間、中古ベンツの中で息をひそめることになる。

 

 

 

 「よし、OD、まずはメイクとヘッドセットだ」

 

 

 

 「了解じゃないスかー!!」

 

 

 

 我々はヘッドセットとメイクに移った。ODのヘッドセットは私が、私のヘッドセットはODがやるようになっていた。後の「エイリアン・セックスフレンド」のコレオグラフにこの事が反映される。

 

 

 

 ODのヘッドセットの途中、悪魔の声が聞こえていたことに、迂闊にも私は気がつかなかった。ODが「あ~。やっぱボスに頭を触られると落ち着くじゃないスか~、フア~」と、軽くあくびをしたのである。愚かな私は、恥ずべきことに、少々気持ちが喜んでしまい、油断をしたのだ。何ということだ。

 

 

 

 「そうか(笑)」と言って、他所を見て、鏡の中に視線を移した瞬間、私は、本当に心臓が止まりそうになった。

 

 

 

 ODが一瞬で落ちてしまったのである。一度寝るとODは38分間、目覚めない。首をがっくりうなだれたままイビキをかいているODの上半身を抱きかかえながら、私は深呼吸を繰り返し、菊地くんに電話した。

 

 

 

 「もしもし、菊地くん、今どの辺りにいる?そうか。落ち着いて聞いてくれ。計画は変更だ。すぐに小田さんをこっちに寄越してくれ」