<BOSS THE NK(最終スパンクハッピー)の回想録(11)>

 

 「ファイナリスト諸君(笑)乾杯だ。小田さんすいません、シャンパングラスじゃなくて良いんで、グラスを4つお借りできますか?」

 

 

 バラバラのグラスにルイ・ロデレールがロシア皇帝に献上したシャンパンが注がれ、菊地くんが「OD、乾杯の音頭をとってくれないかな」と言うと、ODが「音頭っスか?」と目を丸くした。私は「いや、歌わなくて良い。お前、乾杯したことあるだろ?」と言うと、ODは「毎晩してたじゃないスか!(笑)」と言って、楽しそうに「今日も一日お疲れさんデス!!かんぱーい!!」と言って、同じ顔をした二組がグラスを当てあった。ODだけが一気に飲み干して「プハーすげえ旨いじゃないスか!!」と言った。パン工場の兄たちを真似ているのだ。

 

 

 

 数分間、誰も話し出さなかった。菊地くんはニヤニヤし、小田さんは戦慄し、ODは無邪気にはしゃいで、私は様子を見ていた。いくらでもこの状態が続きそうだ。見兼ねた小田さんが、電子タバコを吸いながら

 

 

 

 

 「音楽でも、、、、かけましょうか、、」

 

 

 と言って、ラフマニノフのピアノ曲を流した。情動奔流の音響化であり、典型的なヒステリアとも言える、非常に複雑で美しい作品である。全員がしばらく音を浴びて、菊地くんは「ラフマニノフやべえな。ちょっと失礼。トイレお借りします」と、トイレに行った。気がつくとODは、ソファで仰向けに、口を開けて寝ていた。

 

 

 

 「小田さん、今回は巻き込んでしまってすみません」「ええと、、、、あなたは菊地さん?、、、あれ?」「違います。菊地くんは(指差して)トイレで」「あの、すいません。あなたが<菊地くん>っていうの止めてもらえますか?すごく変な感じなんで(苦笑)」「わかりました(苦笑)。じゃあ、なんと言えば」「彼、とか、あの人、とか」「了解です。私は、彼ではありません。あの人は今(指差して)トイレで」「どう言っても変な感じですね(笑)」

 

 

 

 

 「ああ小田さん、トイレお借りしました。あのー、手を洗うのに、勝手にハンドソープ使っちゃいました。ごめんなさい」「いやハンドソープは良いんで、それよりあの、お二人であたしの両脇に立つの止めてください。すごく気持ち悪い(笑)」「失礼」「失礼(笑)」「じゃあ、どうすれば?」「じゃあ、どうすれば?(笑)」しばらく黙って、小田さんも残りのシャンパンをあおった。

 

           *    *    *    *    * 

 

 

 

 「ODっていうのか。良い名前だな。旨そうだそのメロンパン(笑)」

 

 

 

 

 「うわー。凄いデスね。ボスが2人、、、、お二人はご兄弟デスね。双子というのを知ってるデス。ネットで見たじゃないスか」

 

 

 

 

 「OD、オレと彼は別人だ」

 

 

 

 

 「またまた~(笑)。ウソじゃないスか~(笑)。菊地さんはボスのお兄さんスか?弟さんスか?」

 

 

 

 

 ODは後に、極端に発達した情報処理能力で、私と菊地くんを「ぜんぜん似てない」と知覚するに至るのだが、最初は常人と同じ反応だった。

 

 

 

 

 「いやあ、本当に別人なんだよOD。それにな、来週、君とそっくりな女の子と会わせる、、、、、、この人だほら」

 

 

 

 

 「これは自分の写真じゃないスか(笑)」

 

 

 

 

 「よく見てみろ、君、この服に見覚えあるか?楽器も弾けないだろ?あれ?弾けるんだっけ?」

 

 

 

 

 「ピアノが弾けるじゃないスか!(笑)」「いきなりどうして(笑)」「一回弾いたら、弾けたじゃないスか」「どこで?」「川崎のデパートの中にある楽器屋さんデス(笑)」「へー。ボス知ってた?」「え、ボスなのオレ?(笑)」「いくらなんでも長いでしょうボス・ザ・エヌケーってのは。みんなボスボスって言うよすぐに」「やだなあ。石原裕次郎みたいじゃないか」「ボスボス~(笑)」「やめろOD(笑)」「ボスボス~(笑)」「やめろって(笑)」「いや、それで良い(笑)」

 

 

 

 

 「それよりOD、よく見ろ。この服、見たことないだろ?場所も」「確かにそうデスが、、、、でも、この写真は、、、、、やっぱ自分じゃないスか(笑)」「自信あるか?」「自信、、、、は、、、、あんまり無いじゃないスか、、、、自分は物忘れが激しいデス!(笑)」「オレも(笑)」「菊地さんもデスか!(笑)」「たまに、自分の名前忘れちゃう(笑)」「自分もそうデス!(笑)仲間デスね(笑)」「そうだな(笑)。でも、この人と君も、オレとボスも、そっくりだけど別人なんだ。和田アキ子と優木まおみのようにな(笑)」「ホントじゃないスかー!!そっくりじゃないスかー!」

 

 

 工場長に譲り受けたガラケーは私が保管する事にし、ODにはスマホを与えた。ODはものの数時間で、初めて手にするモバイルを完璧にマスターした。今は、高速で検索し、和田アキ子と優木まおみの静止画から、特にそっくりな写真を見つけて、スプリット画面に並べて見ている。

 

 

 「まあいいや。それよりOD、ええと、、、、、この服を着てみてくれないか」「プラダのコレクションラインじゃないか」「借りてきたんだ」「誰から?」「いやメゾンから」「ああ、、、、なるほど、、、、うわああああああ!」「うわあああああああ!」

 

 

 ODはニコニコしながら一瞬で服を全部脱いでしまった。

 

 

「ちょOD!!待て待て!!」「ここで脱ぐな!!」「だって!着ろって言ったじゃないスかー!服は脱がないと着れないじゃないスか(困)」「お前が困るな!困るのはコッチだ!」「えー君、ひょっとしてパン工場で、工員のみなさんと一緒に着替えてたのか、そうやって」「違うじゃないスか!着替えは一人でしかした事ないデス!」「そうかわかった!、、、、、とにかくまず着ろ!あのー、着てた方のやつな」「了解じゃないスか(笑)」

 

 

 「あのなOD。男の人の前で裸になってはいけない。絶対だ。いや、女の人の前でもだ(笑)」「はい。じゃないスか(笑)」「風呂はどうしてたの?」「一人でしか入った事ないじゃないスか、、、、」「そうかそうか、わかった、まあいいや。えー、そういう話は後々聞くとして、そうだな、じゃあ、これをかけてくれ」「メガネじゃないスか、、、、自分、目は良いじゃないスか(笑)」「そうか。こんだけPCやってるのにな、、、まあいいや。これはねOD、君の衣装だ」

 

 

 それは、菊地くんが過去、小田朋美さんにあげたものだった。私との移動中、新宿南口のルミネの中を通過しているときに「あ、あれ、小田さんにあげよう」と言って、いきなり眼鏡屋に入り、「小田さんは目力が強いし、なんでも目に出るから、逆にゴツい伊達メガネしたら可愛いんだよ」と言って、ものの数秒で支払い終えた物だ。「こうやって物を買うのか」「ああ、おかしい?」「おかしいね(笑)」「そうか(笑)」

 

 

 ODが装着して、我々は軽く息を飲んだ。「すげえ良いじゃん(笑)。ボス、どう思う?(笑)」「とても良いね(笑)」

 

 

 

 菊地くんは、面白くてしょうがないといった、彼のあの笑顔で

 

 

 「これ、楽だなあ(笑)。小田さんだと思えばいいんだ(笑)」

 

 

 

 と言った。